【AWS】Blogサイト構築を始める際に知っておきたい単語

AWS

初めに

おはようございます。
梶松です。

最近AWSの資格保持者の年収がものすごく高いと聞きつけ
現在AWSの資格を絶賛勉強中です!
せっかく勉強するなら「Blogも更新してしまおう」とまさに一石二鳥ですね

AWSとは&余談

AWSとは、Amazon Web Serviceのことです
まぁこれぐらいのことなら皆さん知っているとは思いますが、
AWSを使いこなせるようになると何が「良い」かです。
これの答えとしては「一人でシステムを作成、運用できる」です。

今の時代「サーバだけできる」「ネットワークだけできる」そういった人材は需要がなくなりつつあります。
何か一つだけの技術があるのは確かに強いですが、
その技術を「何のため」に使うのかを考えると、「システムを作成するため、システムを運用するため」となります。
結局のところすべては「システム」に終着するのであれば、
一人でシステムを作って運用できたら「スーパーハッカー」になれるじゃないか‼
ということでAWS上でBlogの運営と勉強を始めました。

 

さて、Blogを作りたくてみていただいた方にはあまり関係のない話になってしまいましたが
エンジニアたるものblogサイトの一つや二つ自分で構築して運営してみろってことで
今回は私がこのBlogサイトを作成する際に覚えたAWSの単語を紹介していきます。
皆さんも一緒にBlogを作成したり、AWSの資格取得を頑張りましょう!

 

AWSの基礎単語

リージョン:地域

実際に自分が作成したインスタンスが稼働している物理的な地域

 

AZ:アベイラビィティゾーン

リージョンの中に構成されるゾーン
リージョン内での物理冗長をとるために使用する

 

VPC:Amazon Virtual Private Cloud

AWSというクラウド上の、自分だけのクラウド
リージョンの上のAZの上に作成する。
VPCの中にインスタンスを作成する。

 

EC2:Amazon Elastic C0mpute Cloud

Amazonがインスタンスを提供するサービス名

 

インスタンス:

EC2が貸し出すサーバの単位
サーバのリソースがまとめて提供される。
現在の無料利用枠のインスタンスであれば、

vCpu:1つ

メモリ:1G

が搭載されている「t2.micro」が提供されている
先頭のアルファベットはインスタンスファミリーを表し
次の数字が世代数、そのあとに続くものがインスタンスサイズを示す。

 

AMI:Amazon Machine Image

インスタンスの起動イメージ
多種多様なOSやサービス群を選択することができる
有料のRedhatやWindowsServerなども利用することができる

 

セキュリティグループ:

VPCの通信制御の際に用いられるACL

Blogを運用するのであれば、HTTPS(443)を開けておく

 

EBS:Elastic Block Store

AWSが提供するブロックストレージサービス

 

ElasticIP:

グローバルIPアドレス的なものこちらとドメイン名を関連付けさせる
インスタンス一つにつき、一つまで無料

 

 

Route53:

Amazonが提供している権威DNSサービス

取得したドメイン名とElasticIPを登録することで外部からのURL参照が可能となる

 

最後に

ざっくりこれぐらいの単語を押さえておけば、AWS上にBlogの作成をすることはできると思います
気が向いたときにもう少し詳細にご紹介できればと思っております。
ご愛読いただきありがとうございました。

TwitterでBlogの更新情報を配信しているのでよかったらフォローお願いします‼

AWS
AWS Summitへ行ってきました!!!

皆さんお久しぶりです!!! 梶松です!!! 最近、仕事やら勉強やらで全くブログを更新できていなかった …

AWS
【すぐわかる!】AWS運用費用削減・確認

世界の皆さん Hellow!おはこんにちは! 梶松です。 今回はAWSの費用についての記事となります …